Sitemap ■ Company ■ Contact us

呪い指輪の家

呪い指輪の家

私に指輪をはめて・・・

怨霊の薬指に指輪をはめるお化け屋敷
 
かつて、左手の薬指には、心臓から真っ直ぐに太い血管が繋がっている、と信じられていました。そのため、指輪交換は、お互いの心臓(=心)を結ぶという意味を持っていました。けれど、お互いの心が不幸な繋がり方をし、深い怨念が生まれたとしたら……。
入口で指輪を受け取ったお客様は、その家に宿る怨霊の薬指に指輪をはめ、その魂を鎮めなくてはなりません。けれど、その指は折れています。
果たして、無事に戻ってくることができるでしょうか・
 
また、、、
『呪い指輪の家』は、大阪・梅田でも五味弘文氏のプロデュースによる、別のストーリーでの<指輪>をテーマにした期間限定お化け屋敷を開催します。東京、大阪それぞれに違った恐怖体験をお楽しみいただけます。
詳しくは大阪「呪い指輪の家」をご覧ください。


 

ストーリー

子供の頃に母親を亡くした鮎子は、ピアノの上手な女性でした。
亡くなる間際に、母親は自分の指輪を外して鮎子にはめました。
「お母さんが、いつも守っていてあげる……」
成人した鮎子は、木崎という男と結婚することになりました。
結婚を前にして、木崎は鮎子から母親の指輪を抜こうとしますが、全く抜けません。
母親が、鮎子を自分に渡すまいとしている そう考えた木崎の手に力が入り、
「グキッ」
という音を立てて、鮎子の薬指が折れました。
その指から指輪が外れましたが、腫れた指にもう木崎の指輪は通りませんでした。
こうして始まった二人の結婚生活は、暗いものでした。
鮎子は母との思い出の曲を弾き続けました。
けれど、折れた指では、ピアノはうまく弾けません。
その歪んだメロディーが、指を折った自分への当てつけのように感じた木崎は、鮎子の背後に忍び寄ると、鍵盤の上を動く指の上に、ピアノの蓋を思い切り叩きつけました。
悲鳴と共に、鮎子は残った指もすべて折られてしまいました。
母親との繋がりをすべて失った鮎子は、やがて亡くなってしまいました。
けれど、彼女の怨念は強く、木崎を呪い殺した後も、まだこの家を彷徨っています。
彼女を救うことができる方法は、ただひとつ。折れた指に、あなたの心を宿した指輪をはめてあげることだけです。
けれど、その心に少しでも影があったなら、その時は……。


 

おばけ屋敷サイト

■ 「呪い指輪の家〜東京」公式HPはこちら
■ ゴーストカム


 

MOVIE








 

PHOTO

呪い指輪の家呪い指輪の家呪い指輪の家呪い指輪の家呪い指輪の家呪い指輪の家呪い指輪の家呪い指輪の家呪い指輪の家呪い指輪の家呪い指輪の家呪い指輪の家呪い指輪の家


 

概要

タイトル 呪い指輪の家
URL http://noroiyubiwa.com
場 所 東京ドームシティ アトラクションズ パラシュートランド特設会場
期 間 2015年7月17日(金)~9月23日(水・祝)〔69日間〕
時 間 【絶叫篇】10:00~16:00 【超・絶叫篇】17:00~22:00 
料 金 820円   ※【絶叫篇】はワンデーパスポート利用可
所要時間
Staff
問い合わせ


----------当ホームページ上の情報(写真データ・イベント詳細情報等)の無断転載・引用・借用・販売等は堅く禁止いたします。----------
Sitemap ■ Contact us
Copyright (C) 2017 OfficeBurn. All Rights Reserved.