Sitemap ■ Company ■ Contact us

HOME> お化け屋敷 > 夏期特別演出の全て

夏期特別演出の歴史

東京ドームシティ アトラクションズ(旧 後楽園ゆうえんち)のおばけ屋敷夏期特別興行とは、1992年に後楽園ゆうえんちの夏期イベント「ルナパーク」の一環として誕生しました。当時、後楽園ゆうえんちに限らずおばけ屋敷という施設はアミューズメントパークの中では比較的地味な存在でした。様々な絶叫系アトラクションが華やかに登場する中で、おばけ屋敷は魅力に乏しい施設として捉えられていました。そんなハイテクに走るアミューズメント業界の流れに強いて逆行し、思い切りアナログにおばけ屋敷を演出したらどうだろう、というのがそもそもの端緒でした。アナログを志したことによって、おばけ屋敷の重要な要素である〈タイミング〉や〈人間による演出〉が生まれ、そこにこれまでにない恐ろしいおばけ屋敷が出現しました。大駱駝艦のダンサーが出演し、大駱駝艦の麿赤児氏によって演出された後楽園ゆうえんちおばけ屋敷夏期限定興行『麿赤児のパノラマ怪奇館』の誕生です。このおばけ屋敷にお客様は長蛇の列を作り、おばけ屋敷は一躍脚光を浴びることとなりました。

1996年の『赤ん坊地獄』からは、それまでの個人プロデュースによるおばけ屋敷というスタイルを脱し、別の側面からおばけ屋敷を演出する方向へと変わっていきます。このおばけ屋敷夏期特別興行は、様々に形を変えながら、恐怖を提供していきます。ひとつのイベントとしては、非常に息の長いものになっていると言えるでしょう。おかげさまで、一般的な認知度も高く、多くのファンも獲得しています。本興行は、今後も時代に合わせながら、お客様を常に斬新な恐怖に陥れるおばけ屋敷として進んでいくことでしょう。

東京ドームシティ アトラクションズ 夏期特別演出

赤ん坊地獄

赤ん坊地獄
2016年夏
赤ちゃんを抱いて進むお化け屋敷、再来!!


呪い指輪の家

呪い指輪の家
2015年夏
ヒロイン鮎子に指輪をはめてくるお化け屋敷


恐怖のかくれんぼ屋敷

恐怖のかくれんぼ屋敷
2014年夏
かくれんぼしている子供を探すお化け屋敷


お化け屋敷の人形倉庫

恐怖の20周年『お化け屋敷の人形倉庫』
2012年夏
お化け屋敷のウラ側のお化け屋敷


足刈りの家

足刈りの家
2010年夏
靴を脱いで歩くおばけ屋敷


血の妖面屋敷

血の妖面屋敷
2009年夏
被っている能面をはずして
素顔を見て来るおばけ屋敷


幽霊物件

幽霊物件写真
2008年夏
鍵を開けて進むおばけ屋敷


闇の歯科病棟

闇の歯科病棟写真
2007年夏
死体の口の中を覗いて進む


呪いの黒髪屋敷

呪いの黒髪屋敷
2006年夏
櫛を持って女の髪を梳かして進む


血まみれの足跡

血まみれの足跡写真
2005年夏
たった今事件が起きた殺人現場を歩く


呪いの人形

呪いの人形写真
2004年夏
人形を抱いて入るおばけ屋敷


『呪怨』の部屋 臨時増築!

『呪怨』の部屋 臨時増築!写真
2003年夏
映画「呪怨」のおばけ屋敷


東京近郊A市呪われた家

東京近郊A市 呪われた家写真
2002年夏
靴を脱いで入るおばけ屋敷
★ 廃屋を一軒丸ごと移築!!


呪いの椅子

呪いの椅子ビジュアル
2001年夏
運命の椅子に座り進むおばけ屋敷


恐怖の手錠地獄

恐怖の手錠地獄ビジュアル
2000年夏
手錠に繋がれて進むお化け屋敷


地獄横断 巡礼の旅

地獄横断 巡礼の旅ビジュアル
1999年夏
三角頭巾をかぶって
地獄の儀式に参加するおばけ屋敷。


LOVE CHAIN〜恐怖の鎖地獄

LOVE CHAINビジュアル
1998年夏
手錠で繋がれて巡る愛のおばけ屋敷


パノラマ怪奇館’97~闇の心臓

闇の心臓
1997年夏
心臓を抱いて進むおばけ屋敷


パノラマ怪奇館’96赤ん坊地獄

赤ん坊地獄
1996年夏
赤ん坊を抱いて進むおばけ屋敷